不動産所有のメリット

不動産所有のメリット

不動産所有のメリット 不動産を所有するメリットにまず安定した収入を得られることです。
例えば賃貸物件を持っている場合、入居者がいる限りはずっと収入になりますので大きなメリットであり魅力と言えるでしょう。
また、収入になるということもあり、老後の生活の為に不動産所有をされるケースも珍しくありません。
働くことが難しい老後の場合でも収入を得ることが可能ですので、豊かな老後生活を実現できることもあるのです。
不動産が土地ならば価値がなくならないのもメリットです。
建物の場合ですと劣化や地震などの自然災害によって価値がなくなることがありますが、土地ならば価値が下がってしまう可能性はあるものの、ゼロになることはありません。
ですから財産としてずっと持っておくことができます。
また、時には土地の価値が上がって高く売れることもありますし、こと不動産に関しては金額も大きくなることがありますので高額の利益を得られることもあるのです。
いざとなったら売ることができる為、もしもの時の安心感に繋がるのもメリットの一つ。
何らかの理由でお金が必要になった時にも売ることができますので、あると安心感があるものですし魅力的な存在と言えるのではないでしょうか。

不動産投資をするポイント

不動産投資をするポイント 不動産投資をするポイントは、利回りを計算することです。
利回りとは不動産に投資した金額とそれによって得られた収入で計算することができます。
1億円のマンションを購入し、収入が2000万円になった時と1000万円になった時では前者の方が利回りが高いと言えます。
得られる収入には家賃のプラスだけでなく、ローン返済やリフォームなどのマイナスも含めることで、自分にどれだけ利益があるかを確認できます。
マンションが安くで販売されていても、老朽化が激しく本格的なリフォームの必要がある場合は、家賃でプラスの利益を得ても利回りが低くなることもあります。
反対に利回りを高くしようと、家賃を高くしすぎると誰も入居したがらないので家賃収入が減って投資に失敗します。
表面的な利益ではなく、最終的に残った利益が高くなるように調整します。
古い物件でも家賃さえ安ければ住んでも良いという人もいるため、簡易的なリフォームでも空き部屋を作らないケースもあります。
不動産が立地している場所によって求められる条件が異なるので、周辺施設や集まる年齢層などを調べておきます。
利益がプラスにならなくても、プラスマイナスゼロであれば、節税で30万円~60万円は得をします。

おすすめ不動産関連リンク

古民家・リゾート・住宅・土地など様々なライフスタイルを提案してくれるサイト

千葉の不動産なら